女性のホルモンバランス変化による肌の状態について

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大聴く変化してしまい、様々なトラブルに見舞われます。

中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。

妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産後はいきなり量を激減し、その影響で肌は水分を失いやすくなり、容易に乾燥状態になるのです。

乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使ってとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。

とは言え、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かも知れません。

小麦色の肌は健康的で美しいイメージを演出してくれますが、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困るという悩ましい一面があります。

もし、シミとは無縁でいたいなら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。

顔にシミが出来ないようにするコツは、日焼け止めをきちんと塗ること、そして、帰宅したら速やかに専用のローションなどでお肌が炎症を起こすのを軽減指せましょう。

この数年間、肌に刻み込まれつつあるしわについて気になってきて、仕方がありません。

その中でも一番困りものなのは笑いじわで、目尻にできるアレです。

そもそも目の周りは皮膚が薄く、元々しわはできやすい場所で、ここのケアは入念に行っているつもりではありますが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。

そこで、しつこいくらいにクリームを塗り重ねたりし、何よりも保湿を大切にするように自分に言い聞かせています。

顏にいつの間にか増えてしまったシワについてはきれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。

ところでシワができる原因は、主に肌の老化であったり、紫外線の影響によります。

シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。

そして、それでも日焼けをしてしまったのなら必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。

さらに、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。

こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングにつながることにもなるのです。

シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多い、という人も確かにいます。

どうしてシワができるのかというと、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になるのです。

肌が水分不足になってしまうと、乾燥状態になり、これがシワの発生につながるのです。

例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようなのです。

それにまた、年齢を重ねていくことにより、皮膚の張りを保つ役割をもつ、コラーゲンやヒアルロン酸(保湿、弾力の維持、摩擦の軽減などの働きがあります)が減っていくばかりですから、こうしてシワ、たるみは発生していくりゆうです。

かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。

皮膚の構造として一番外側は表皮です。

表皮はごく薄い層の集まりで、傷ついたり摩擦をうけることで、その薄い層が削られていくりゆうです。

この表皮が薄くなってしまうと、そのすぐ下にある真皮まで損傷が及ぶ可能性が大聴くなってくるのです。

ダメージをうけて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、それでシワやたるみが起こるのです。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。

キメが細かくよく整った肌は皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。

しかし、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、キメは整然とした様子を失い、形を保てずに壊れます。

表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、すぐ下にある真皮もダメージをうけてしまいます。

真皮は肌の土台というはたらきがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。

日々の飲み物でシミ対策したい方に御勧めなのが赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。

同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えのビタミンCを贅沢にふくみ、内側からのUV対策となり、様々な要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミ、そばかすを抑え、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。

抗酸化作用にも優れており、若返りにもいいかも知れません。

体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、肌の乾燥には大変警戒しています。

気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、荒れて赤くなったりすることもあります。

これらの危険な時期、スキンケアは特に念入りに行っているりゆうですが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルを試してみています。

オイルも調べるとなかなか奥が深くて、追及すると楽し沿うですが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。

紫外線を同じだけ浴び立としても、それにより肌に出来るシミはその人の肌の性質によって違います。

簡単に言うと、シミができやすい肌があります。

具体的にお話ししますと、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。

見分け方についてですが、太陽の日差しで肌が焼けた時、黒くならず、赤くなってしまう人がそのタイプです。

美肌というものは、とても繊細なものだといえます。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、シミのない美肌をつくリ出すためにぜひ食べてほしいものです。

ただ、食べ方には注意しましょう。

朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンという柑橘類に多い成分が光や紫外線を敏感にうけ止めるはたらきをして、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

美肌やシミ予防を考えて、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

肌のくすみを改善したい方は洗顔方法が原因かも知れません。

毛穴にたまった角栓がお肌をくすんで見せる原因となるのです。

生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。

沿うならないような洗顔の方法としては、ぬるめのお湯を使って、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料でたっぷりと泡を作って、その泡で洗いましょう。

ピーリング(他のアクセサリーは自分で買っても、これだけは恋人から贈られたいという女性も多いものです)石鹸も週一回ほど取り入れるとくすみの改善に繋がります。

PRサイト:温泉化粧水の後に使うと効果的な美容液は?

カテゴリー: 健介の日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です